TOPスポンサー広告 ≫ ラミレジィ産卵のその後TOPアクアリウム ≫ ラミレジィ産卵のその後

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

ラミレジィ産卵のその後

こんばんみ(妻のまね。古い?)ヒョン谷(夫)です。

先回、ゴールデン夫妻が産卵した記事を書き込みしましたが、その後の報告です。

残念ながら、砂利の上の産卵であることや、我が家にはあらぶる敵魚(ジャーマン夫妻等々…)がいることもあり、
親魚の食卵、襲撃(特にひどかったのがプレコ)もあって、全てなくなってしまいました…。

IMG_0202.jpg

そんな中、ゴールデン夫妻に触発されたのか、実は、ジャーマン夫妻も産卵しました!
こちらは、悪名高き水草、ワインレッド・ロベリア(いや、悪いのは私なんですが…)の葉上です。
オスが必死で守っておりました。

IMG_0201.jpg

が、しかし、こちらも初産卵の新婚夫婦であることもあり、2日後には完全に消滅してしまいました…。

というわけで、我が家の束の間のベビーラッシュは、あっという間に終わりを迎えました。今では両夫妻ともケロっとした感じで、スイスイ水槽の中を泳いでいます。

でも、新米アクアリストとしては、ラム達には可哀想なのかもしれませんが、これでよかったのかと。
というのも、設備的にも、腕的にも貧弱である我が家で、生半可に繁殖させること自体、魚達にとっては残酷なことかもしれません。繁殖というのは、しっかりと、大きくなっても育てられる環境を整えて、初めて責任をもって行えることだと思います。
いつか、環境が整ったときには、チャレンジしてみたいと思いますが、今回はお預けです。

ちょっと、まじめな話になったので、うちの息子お得意の水槽鑑賞方法をはっておきます。

IMG_0174_201401182352139d6.jpg

ズボラにもほどがあるぜ(笑)

ポチッといただけると、がんばれます!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。